季節のおすすめ

身近なことから始める。私らしく、“エシカル”

自然環境、作るひと、サスティナビリティへ配慮した「エシカル」なもの。
日常の小さなことから始められる、もの選びの第一歩とは?

近頃、よく耳にする「エシカル(倫理的)」という言葉。貧困や環境破壊などの問題を考慮する、という意味で使われています。ものを買う、使う、移動する、食べる……、私たちは、毎日必ずなんらかの消費をしています。それに関わる人や社会、環境に配慮した消費行動のことを「エシカル消費」というそうです。

たとえば、生活排水で川や海を汚さないようなオーガニックの石けんやシャンプー、洗剤を使うことも環境を考えたエシカル消費のひとつ。
エコバッグや水筒、マイお箸。これは、ゴミが少しでも増えないように考えての行動。最近では、プラスチックゴミのあまりの多さに、ストローや歯ブラシなどの使用が見直され、マイストロー、柄の部分が木製の歯ブラシを使う人も増えているとか。
コーヒーやチョコレートなど、いわゆる開発途上国といわれる国で作られるものを選ぶとき。生産者が生活に十分な利益を得ているか、過酷な労働環境ではないかを知って、フェアトレードのものを選ぶ、というのもエシカル消費です。
そのものが作られる背景、使ったあとのことまで考える。私たちの日常には、いい世界へとつながるエシカルな暮らしのために、できる一歩がたくさんあります。

かまわぬでも、ある取り組みをしています。大量の洋服や布地、資源の廃棄が問題になっている今、私たちも商品のロスはひとごとではありません。わずかに染めがぶれてしまったてぬぐいをどうしたらいいか。その答えが、「オーバーダイ」、後染めすることでした。
多くある染めのなかでもかまわぬが選んだ方法は、鹿児島県奄美大島の伝統的な「泥染め」でした。奄美大島に多く自生する車輪梅(テーチ木)を細かくカットして煮出した染料(タンニンが豊富)で染めたものを、泥田(鉄分が豊富)に浸し、化学変化を起こして染めるのです。世界でも珍しい、奄美大島だけで行われている方法。 
煮出した後の車輪梅は燃料として使われ、その灰はまた染め物にも利用できるというから、とてもエコロジカル。木と泥と水、身近にあるものだけでできる、自然の恵みと人の知恵の奇跡ともいえる染め方です。
そして、てぬぐいの色鮮やかな文様がうっすらとグレーに染まる様子は、新たな魅力に。

のどかな田園風景に囲まれた金井工芸。「泥染めが身近にある地域で染色を営んでいますが、うちだけではなく島全体で続けていく大切な技術だと考えています」と、2代目・金井志人さん。事前予約をすれば見学や染め物体験もできる。(写真:宮濱祐美子)
車輪梅の木片を煮詰めてつくった染液に何度も布を浸し、色を定着させる。大きな開口部から入る風が心地いい工房で、職人さん達が汗を流す。(写真:宮濱祐美子)
長靴を履き、ずぶずぶと泥田に入り布を泥となじませる。この鉄分が多い土こそが奄美大島の宝。(写真:宮濱祐美子)

かまわぬでは、奄美大島の染色工房「金井工芸」にご協力いただき、不定期でてぬぐいを泥染めするワークショップを行っています。
まず、生地に車輪梅の染料を揉み込み、その後石灰を溶いたアルカリ性液に浸し、中和させ染めを促進させます。石灰がなかった昔は、珊瑚の死骸を焼いて砕いたものを使っていたそうで、ここにも、奄美大島ならではの自然と人知を感じます。最後に、泥に浸します。この行程を何度も繰り返すとだんだんと茶色~黒に染まるのです。
このワークショップを通じて染めを身近に感じていただくこと。汚れてしまった服やものでも染め直すことで新たな魅力が生まれ、また着られる可能性があること。そんな価値感を分かち合いたいと考えています。

車輪梅の染料は、ワインのようなきれいな赤褐色。煮出した後、1週間ほど寝かせるそうで、なんとも表現しがたい独特な臭いです。
奄美大島のなかでもこの鉄分を多く含む泥を持つ土地は多くなく、金井工芸がある龍郷という地域の泥田は特に昔から染めが盛んだったとか。

かまわぬと金井工芸のコラボーレーションによる、奄美大島泥染オーバーダイてぬぐいは、2020年発売予定。